バストの神様~胸を大きくする方法~ > 豊胸術 > 昔からの豊胸術であるバック挿入法の種類

昔からの豊胸術であるバック挿入法の種類

豊胸術にはいくつかの種類があり、古くから利用されている施術として、バック挿入法と呼ばれるものがあります。これは生理食塩水やシリコンなどの素材で作られたバックを、胸の部分に挿入する方法になります。

バック挿入法による豊胸術では、メスを使った手術にて行われます。

メスを入れる部分は胸ではなく、ワキの部分です。シワに沿って数センチの切れ込みを入れますので、ぱっと見では手術跡が目立ちません。手術ですので、当然ながら麻酔が使われます。麻酔のおかげで手術中に痛みを感じることがありません。

バック挿入法には大まかに分けて、2つのやり方が存在します。

1つ目が「大胸筋法」というやり方です。大胸筋を切り開き、その下にバックを挿入します。この方法の利点は、皮膚が薄い、脂肪が少ないなどの体質を持つ人でも、自然な仕上がりになりやすいところです。

2つ目の「乳腺下法」は大胸筋の上の部分、胸のすぐ下にバックを挿入するやり方です。脂肪が多くある程度の胸の大きさを持っている人や、下垂気味の胸を持つ人、特定のバックを挿入する時に最適です。

大胸筋法のように、筋肉を剥がす必要がないため、身体への負担が少なく、痛みが少ないのが魅力です。乳腺を傷める心配がないため、リスクが少なく済みます。

大胸筋法と乳腺下法を比較すると、大胸筋法の方が技術的に難しい豊胸術になります。医師の技術のしっかりした美容整形外科を選ぶことが、重要になります。

では、乳腺下法なら手軽にできるかといえば、そうでもありません。どちらも麻酔とメスを使う手術ですから、甘く見ないようにしましょう。

バック挿入法による豊胸術は、1回の施術だけで終了します。しかし、マッサージや定期健診など、術後のケアが必要です。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

昔からの豊胸術であるバック挿入法の種類:関連ページ

豊胸術の失敗と修正手術を受けられる医療機関
女性に高い人気となっているのが豊胸術で、こうした施術を行うと大幅にバストアップできたり、理想の美しい形に整える […]
アクアケフィリング豊胸術
脂肪注入に頼った豊胸術であれば、豊かなバストを手に入れるのと同時に、脂肪の蓄積か気になる部位の痩身効果が得られ […]
PPP+PRPジェル豊胸
豊胸は切る事もあって怖いというイメージを持っている人や、忙しいけど手軽なバストアップを期待したい人もいます。ま […]
豊胸術・コンデンスリッチ豊胸
豊かなバストは女性らしさを演出してくれるものです。体質的にバストが小さかったり、小食なためバストの脂肪が少ない […]
脂肪注入による豊胸術
胸が小さい人が胸を大きくするためには、食事やサプリメントで胸を大きくする栄養素を取る、血行を良くしてバストアッ […]
手軽なバストアップはヒアルロン酸でプチ豊胸
豊かな胸は女性にとっても男性にとっても憧れる理想のスタイルです。とはいえ、日本人は体格的にバストのサイズが小さ […]
豊胸インプラント・エルゴノミックス
知名度の高い美容外科である、SBC湘南美容外科クリニックにおいて、豊胸施術の中で最も多くの症例数を誇っているの […]
VASER併用脂肪注入豊胸術
憧れの豊かな胸になるための確実な方法が豊胸術です。豊胸にはさまざまな方法があり、今まではシリコンバックや塩水バ […]
豊胸術セルーション
豊胸術では、バッグを挿入する方法、脂肪注入、ヒアルロン酸注入の3つの方法が、主に利用されています。この中で、身 […]

トラックバックURL

http://xn--w8je4a6o5a4877czns95mm97b.asia/%e6%98%94%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e8%b1%8a%e8%83%b8%e8%a1%93%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e6%8c%bf%e5%85%a5%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です